車両保険について

車両保険は、自分の車の修理費等の損害を補償するものです。保険料が高くなるため、無理して車両保険に入る必要はありません。実際、補償される金額と比較して、保険料が割高になる傾向があるため、車両保険に加入してない人が多いのも現状です。

車両保険が適用されるケース

  • 事故による車の破損
  • 不注意で車をぶつけた場合
  • いたずらや落書き
  • 盗難・当て逃げ
  • 水没・落石・などの自然災害によるもの
  • 全損による車の買い替え費用

以上のように、車両保険は適用される範囲が広いため、発生する確率が高く、保険料も高く設定されています。また、修理費を車両保険を使って払うと、自動車保険の等級が下がり、翌年から支払う保険料が高くなります。保険料の値上がりを防ぐため、車両保険に入っているにもかかわらす、修理費を自分で賄ったほうが、結果的に得をするといったことも起こりえます。

新車を購入したばかりの人や、高級車に乗っている人にはなくてはならない保険であるといえます。保険の最高限度額は自分の車の車両代(購入費)なので、不幸にも全損事故にあった時などは、とても心強いことでしょう。