自賠責保険と任意保険の違い

自動車の保険には加入しなければいけない強制保険と、加入は義務付けられていない任意保険の2種類があります。加入しなければいけない強制保険は自動車損害賠償責任保険で自賠責保険とも言われています。車を購入した時や車検の時に加入が義務付けられていて人身事故の時だけ適用されます。この保険で支払われる限度額も決まっていています。損害事故で120万円、死亡事故で3000万円、重度後遺障害で4000万円となっています。

しかし事故を起こしてしまった時にこの保険だけでは補いきれない事もあります。そのために手厚い補償が準備されているのが任意保険です。任意保険の内容は、対人賠償保険、対物賠償保険、搭乗者傷害保険、自損事故保険などがあります。

対人賠償保険は乗車中の人や歩行中の人をケガさせてしまったり死亡させてしまったりした時に自賠責保険を越える部分に支払われる保険です。このケースの事故は運転しているすべての人に起こる可能性があるので、保険金額に制限を付けない無制限での加入が一般的です。対物賠償保険は他人の車や財物に損害を与えてしまった時に支払われる保険です。バスやタクシー、電車などとの事故の時もこの保険が適用されます。搭乗者傷害保険は搭乗中の人が死亡または傷害を負った時に支払われる保険です。自損事故保険は運転手の責任で起こした事故で他人をケガさせてしまったり死亡させてしまったりした時に支払われる保険です。

任意保険は強制ではないですが、安心して運転するには加入しておいた方が良いと思います。