弁護士費用特約について

事故等の被害に遭ったとき、加害者に対する損害賠償を求めるために弁護士に相談・依頼する「弁護士なんて・・・」とそれほど必要ではないと思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、知れば知るほど、この弁護士特約というものはとても便利な特約だなと思われるはずです。年間わずか2,000円程度の保険料で、万が一、弁護士を必要とする事故に遭った時に相談する費用を補償してくれるのです。わずかな負担で大きな安心が得られるのは大きな魅力です。


自分自身に過失がない「もらい事故」

後ろから追突されるなど相手側の過失が10割のもらい事故に遭った時、相手側に損害賠償請求を行うことができます。しかし、相手側が保険に加入していなかったり、請求に応じない、提示された賠償額に納得がいかないなど、交渉が難航するといったことが起こり得ます。のらりくらりとした態度を取られると、理不尽なことですが、被害者が泣き寝入りをしなければならないこともあります。そんな事態を防ぐために、弁護士に交渉を依頼することで、法律に基づいて正当な賠償金を獲得することができるのです。弁護士への依頼料は高額になりがちです。示談で済めば良いですが、訴訟準備や裁判に発展すると、とても個人では支払いきれません。法廷闘争が長引けばその分費用も嵩みます。弁護士費用特約があれば、法的な相談料だけでなく訴訟費用も保険会社が負担してくれるのです。


弁護士さんに任せれば安心

加入者の多くは、自動車事故に遭った際は事故の相手方との交渉について、その後の処理は全て保険会社に任せることが出来ると考えています。しかし、その考えは間違いです。保険会社はご契約者の自動車保険を使う前提があって初めて、事故の相手方と交渉をすることが出来るのです。

例えば、ご自身には全く過失がない事故の場合は、基本的にご自身の保険は使わず、相手方に自車の修理費用を弁済してもらうことになります。信号待ちをしていた際、後方車から一方的に衝突されたようなケースです。その場合にはご自身の自動車保険に車両の損害を補償する車両保険を付帯していたとしても、自分の自動車保険を使ってしまえば、翌年の保険料は上がってしまいます。自分に過失のない事故であれば、自分の車両損害の費用は相手方に損害賠償請求をすることが出来ますので、自分の自動車保険は使いません。結果として、自分が加入している自動車保険の保険会社は相手に対する損害賠償についての交渉をすることが出来ず、損害賠償請求はご自身で行うことになります。 ところが、ごく稀に相手方が一方的に悪いにもかかわらず、いろいろな理由をつけて賠償金を払う事を拒む人がいます。そうしたケースでは、基本的に自分が加入している保険会社は相手に対して損害賠償請求の代行をしてくれませんので、ご自身で何とかする必要があるのです。でも、一般には相手がのらりくらりとした対応した時、まともに相手をしていたら時間がかかり、精神的にもとても苦労します。そういった時に、弁護士などの専門家に対応を任せることができれば、交渉を有利に進めることができるのです。

こうした状況に陥らないように、自動車保険に付帯することができる、弁護士費用特約があります。自分の加入している自動車保険は使うことが出来ないけれども、もらい事故で相手との交渉がうまくいかない場合、弁護士に交渉を任せる際の費用をこの弁護士費用特約は補償をしてくれるのです。この弁護士費用特約が販売されてからは多くのケースにおいて泣き寝入りをする必要が無くなったのです。 自動車保険の特性を考えた場合、この弁護士特約を付帯しておくととても安心です。