対物超過費用特約について

一般的に対人賠償保険、対物賠償保険は他人に迷惑をかけないためにも無制限で加入します。しかし、ここで注意が必要なのは無制限の保障内容で加入したからといって必ずしも相手の要望する金額の全額が払われるものではないということです。そもそも、賠償保険は民事上の賠償範囲において、補償金額を上限に支払うものです。この民事上の賠償範囲というのがポイントになってきます。というのも民事上の賠償範囲は時価だからです。時価は事故時点でのそのものの価値になります。そのため、車同士の接触事故において、こちらが前方で停止している車に追突したと仮定します。その時、こちらが相手に賠償するのは修理代金か相手の車の時価のいずれか低い方になります。この時相手の車が新車や高級車で修理代金の方が低かった場合、修理代金を保険金で支払ったら終わりです。しかし、ややこしいのは相手の車が10年以上の年季の入った車だった場合です。その場合、相手への賠償は2、30万円程度です。しかし、車の修理代金はそれ以上かかることが多々あります。その場合、やはり民事上の賠償は時価額までなので、修理代金の満額を出すことは出来ません。しかし、相手はそれでは納得せず、示談が進みません。そこで、役に立つのが対物超過費用特約です。この特約は、時価額を超えた修理代金を50万円まで補償します。これがあると、示談がスムーズに進むのでぜひ付帯することを勧めます。