対物賠償保険について

対象となるのは、一般的に物損事故といわれる分類です。自動車事故により他人の財産を破損・滅失したことによる損害額を補償するのが対物賠償責任保険です。対物賠償責任保険では、他人の財産に与えた直接損害の他に、事故によって生じた間接的な損害に対しても保険料が支払われます。自動車同士の事故では、相手がバス・電車・トラック・タクシーといった業務用車両の場合の休車損害。お店等の建物に突っ込んだ場合の休業損害等です。また、保険会社や保険内容によって多少の違いはありますが、示談や訴訟・裁判上の和解・調停・仲裁に要した費用も支払われます。

対物事故における損害額の相場

対物事故の場合、一般的には車対車が多いと思われがちですし、実際に多いです。車対車であれば、相手が高級スポーツカーに乗っているようなケースを除くと数百万円もあれば充分に補償が利きます。しかし中には相手が車ではないケースもあります。 例えば、踏切内で電車と衝突した場合や、他人の家・お店等に突っ込んだ場合です。こうなって来ると状況が一変します。電車を破損させた場合、その損害額はいくらになると思いますか?普段は考えた事もないでしょうが、電車1両だけでも数千万円かかるそうです。もし電車が2両や3両脱線して破損したら…ぞっとしますね。過去の電車の事例としては、1億円を超えているものもあるようです。お店等の建物に突っ込んだ場合はどうでしょう。高級ブティックや宝石店だったとしたら…。この場合は想像がつきますね。ここでポイントになるのは、それらの修理費用だけではないということ。電車にせよ建物にせよ、営業損害も発生してきます

保険金額の設定

では対物賠償保険金額はいくらに設定するのか。500万円?1000万円?1億円?色々知ってしまったらやっぱり無制限!…ってなりませんか? 前述の電車・建物の事例は確かに少ないです。殆どの人は経験する事がないでしょう。しかし備えあれば憂いなし!でも、そうなると保険料が高くなるでしょ?…意外とそうでもないのです。保険会社・保険契約の内容によりけりですが、保険金額を500万円から無制限にしても年間で2000円アップ程度。月換算で数百円くらいなのです。一度、自分の保険内容を確認してみましょう。

直接損害と間接損害の違い

対物事故の直接損害と間接損害は例として前述していますが、もう少し詳しくみてみます。「直接損害」とは事故が無ければ発生しなかった費用のことを言います。例えば、車や建物の修理費です。他にはレッカー費用、ガードレール・道路・信号機等の補修費用も含まれます。「間接損害」は得られるはずの利益が事故によって失われた損害を指します。例えば、前述で挙げているのは商業用車両の逸失利益や商業施設の逸失利益にあたりますが、他には従業員の給与等も含まれます。これらは事故にあわなければ得られていたであろう利益となります。