対人賠償保険について

車に乗っていて事故を起こした際には、損害賠償責任が発生します。

人に対する賠償は、時に億を超えることさえあるのが現実です。いざという時に困ることがないよう、保険の適用内容と補償金額は確認しておきましょう。

対象が被害者なのか物なのかで適用が別れるところですが、今回は被害者に対して支払われる対人賠償保険について述べていきます。


対人賠償保険とは

車による事故が起きた場合は、自賠責保険によって被害者の損害が最低限度は補償されています。しかし実際の事故では、損害を賄いきれない場合が多いです。この賄えない部分を補償するのが、対人賠償保険(任意保険)になります。言い換えると任意保険というのは、自賠責保険に上積みする保険であるともいえます。

任意保険の契約は、被保険者が所有する自動車に対して適用されます。その自動車が事故を起こした際、相手となる歩行者・自転車に乗っている人・車に乗っている人に対して怪我を負わせた場合や死亡させた場合に、自賠責保険と任意保険が支払われます。ここでポイントとなるのが、相手である被害者の1人1人に対して支払われるということです。相手の車に乗っているのが1人でも4人でも、全ての人に1人あたりの限度額まで保険金が支払われます。

これに対して契約自動車に乗っている人の補償は、人身傷害保険が適用されます。また相手の財産である自転車や車に対する補償は、対物賠償保険の適用となります

家族同士の事故

例えば、ある男性が自宅の駐車場から車を出す際に、母親をひいて死亡させた場合、任意保険では支払いが行われません。その理由は、夫婦・同居親族が経済的に同じ範囲内にいるという解釈であり、そういった関係で損害賠償が発生するのは適切でないと考えられているからです。しかし金額は少ないですが、自賠責保険では支払いがあります。

保険金が支払われないケース

  • 被保険者が故意に生じさせた損害
  • 戦争・暴動等によって生じた損害
  • 台風・地震・津波等によって生じた損害
  • 放射性物質等によって生じた損害

一方で酒酔い運転や無免許運転による事故でも、保険金は支払われます。誤解を招きやすいのですが、加害者の手助けをする…のではなく、あくまでも被害者を救済するのが目的であるためです。