人身傷害保険について

人身傷害保険とは、保険契約をしている車に乗っている人が、事故により怪我をした場合や死亡してしまった場合に補償をする保険です。保険金額を上限として実際の損害額が補償されます。ここでポイントとなるのは、事故の過失割合に関係なく、契約時に設定された上限以下で支払われるということです。

支払われる損害額は通院費・入院費は勿論ですが、仕事を休んだことによる休業損害や精神的損害等も含まれています。もしもの時に受ける補償としては、とても助かる補償であるといえます。

相手の過失分も示談前に貰える

過失割合に関係なく支払われるのは人身傷害保険の大きなメリットです。

例えば、車同士の事故で本人が怪我をして50万円の損害だっとします。この時の過失割合が<本人40:相手60>の場合、自分の保険から補償されるのは、損害額の40%である20万円となります。相手の30万円が支払われるのは示談交渉が終わった後…というのでは困りますよね?示談交渉が長引いた場合は尚更です。

このようなケースでは、相手が悪い分についても立て替えて支払が行われるのです(相手の過失分は示談交渉後に保険会社が回収する)。つまり、示談交渉が終わるまでの30万円を自己負担する必要がないのです。

歩行中の事故も補償される

「車内・車外ともに」タイプを選択すると、契約車両にに搭乗中の事故だけなく、被保険者やその家族が車に搭乗していない時、例えば歩行中や自転車での事故についても保険金が支払われます。「車内のみ補償」タイプと比べると、保険料は高くなりますが、補償範囲がずっと広くなります。