人身傷害保険と搭乗者傷害保険の違い

どちらも契約車両に乗っている全ての人が、補償の対象になります。両者の違いは主に補償金額の違いにあります。人身傷害は実際の損害額を、搭乗者傷害はあらかじめ契約で決められた金額を補償します。


保険金の計算方法による違い

支払いが実損額か定額かということです。人身傷害保険は、実際の損害金額を計算し、保険金額を上限として支払いが行われます。これに対し搭乗者傷害保険では、定額支払いとなります。例えば首のむち打ちだったら5万円、足の骨折だと30万円という感じです。これは部位症状別払いとも言われ、「どこをどんな状態で怪我をしたか」で保険金が決まります。他には入院1日あたり1万円といった、入院・通院の日数計算により保険金が支払われる方式もあります。


補償範囲の違い

適用となる範囲が広いか狭いかということ。人身傷害保険は前述にもありますが、怪我をしていなかったら得られたであろう利益や精神的障害等に対しても補償がされます。更に契約時の制限がなければ、車に乗っていない時の事故に関しても補償範囲に入るので、手厚い補償を受けることができます。これに対し搭乗者傷害は、怪我による入院・通院と死亡の場合のみです。


どちらを付帯しておくべきか

人身傷害保険のみ付帯で良いでしょう。搭乗者傷害は 人身傷害 の上乗せ補償といった位置づけで考えてください。万が一の時に、しっかりとした補償が受けたいのであれば、人身傷害保険と搭乗者傷害保険の両方を付帯しておくことが望まれます。これだと事故で怪我をした際に、人身・搭乗者の両方から補償されることになります。